ラジオNIKKEI賞とCBC賞(2016年)の予想

ラジオNIKKEI賞&CBC賞(2016年)の予想です。


ラジオNIKKEI賞の予想


まずこのレースは外枠が不利なのですよね。過去にも人気馬でもころっと負けてしまっているように、今回1番人気ブラックスピネルが大外の16番枠に入りました。しかもノーザンファーム生産馬が不振の重賞でもあり、今回は馬群に沈んでいただきたいと思います。


過去の傾向からいえば前走6着以下に敗退した距離変更馬の期待値が高いです。今年は②キングハート⑤ストーミーシー⑥ダイワドレッサー⑪ミエノドリーマーの4頭が該当します。


⑥ダイワドレッサーは前走オークスに出走。前走牝馬限定戦に出走した馬は過去5年で(0-0-0-8)。またネオユニヴァース産駒が(0-0-0-3)とダート適性の高いサンデー系はこのレースには不向き。


血統でいえばダイワメジャーやマツリダゴッホ、スズカフェニックスといった短距離向きのスピード型サンデー系産駒が好走しているので、ここはひょっとしてということで父オレハマッテルゼ産駒②キングハートに注目したいと思います。


(参考記事)ラジオNIKKEI賞(2016年)の傾向とデータ分析



CBC賞の予想


前走芝重賞戦に出走したのは②エイシンブルズアイと⑤ベルカントの2頭だけです。


ただし出走頭数が少ないとはいえ内枠が不利なレースでもあり、外差しに注意が必要なタフなレースにもなりやすいので揉まれ弱い②エイシンブルズアイは疑問。


昨日の中京8R(芝1200M)は500万下戦で1.07.7という超高速馬場になっていますが、今日もその傾向が続くようであれば超高速適性の高い外枠の距離短縮馬に注目したいですね。


となると⑩シンデレラボーイ⑪レッドファルクス⑫ベルルミエールの3頭の中から。


⑪レッドファルクスは中京で2戦2勝ですが、超高速馬場への適性は疑問ですね。あくまでも昨日の馬場傾向のままであるならば評価を下げる必要があるかも。


左回りが滅法得意ですし、末脚の持続性という点でいえば⑩シンデレラボーイが上位かなと思います。


前走は内先行有利の流れを後方の外から一気に追い込んで0.3差4着。今回は得意な左回り替わりで更に前進できるのではと思います。



(参考記事)CBC賞(2016年)の傾向とデータ分析






今週の重賞レース情報はこちら!


にほんブログ村テーマ オールカマー(2016)へ
オールカマー(2016)
にほんブログ村テーマ 神戸新聞杯(2016)へ
神戸新聞杯(2016)


有料サービスは無料で使うのがトレンド!


更に詳しくデータ分析するなら、 TARGETがあると便利です!

当サイト管理人の私はこちらを使って 無料でJRA-VANを利用しています。


JRA-VANmuryo
→ JRA-VANを毎月無料で利用する方法






ドロドロとした騎手の勝負をリアルに描写した名作!

今となってはなかなか目にすることのない
知る人ぞ知る作品となっているのが『ありゃ馬こりゃ馬』。

ここまで競馬界を深くリアルに描写した作品もないと思います。



>>ありゃ馬こりゃ馬が読めるコミなびはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ