鳴尾記念(2016年)の傾向とデータ分析

鳴尾記念(2016年)の過去4年の傾向とデータ分析です。


前走大敗馬の巻き返しに注意!


阪神芝2000Mで行われるようになった2012年以降、前走重賞Rで6着以下だった馬の巻き返しが非常に目立ちます。


特に今回半年以上の休み明けの馬を除外すれば(4-2-4-12)勝率18.2%連対率27.3%複勝率45.5%単勝回収値105円複勝回収値154円。


毎年2頭以上が3着内にきている爆走ローテですね!


更にここから8歳以上馬を除外すれば(4-2-4-8)複勝率55.8%単勝回収値129円複勝回収値188円と成績が向上します。


今年の出走登録馬の中でこのパターンに該当するのは以下の3頭。


サトノノブレス
ステファノス
マジェスティハーツ


ステファノスは前走(香港C)から中24週と出走間隔としてはギリギリでのクリア。



外枠以外の偶数馬番が狙い目


過去4年では10番枠以内の偶数馬番が(3-3-3-11)勝率15.0%連対率30.0%複勝率45.0%単勝回収値97円複勝回収値150円です。


2013年に1番人気6着と凡走したパッションダンスは14番枠だったように、後入れの偶数馬番でも外枠は不利といえそうですね。


鳴尾記念も枠番は重要ファクターといえそうです。






今週の重賞レース情報はこちら!


にほんブログ村テーマ オールカマー(2016)へ
オールカマー(2016)
にほんブログ村テーマ 神戸新聞杯(2016)へ
神戸新聞杯(2016)


有料サービスは無料で使うのがトレンド!


更に詳しくデータ分析するなら、 TARGETがあると便利です!

当サイト管理人の私はこちらを使って 無料でJRA-VANを利用しています。


JRA-VANmuryo
→ JRA-VANを毎月無料で利用する方法






ドロドロとした騎手の勝負をリアルに描写した名作!

今となってはなかなか目にすることのない
知る人ぞ知る作品となっているのが『ありゃ馬こりゃ馬』。

ここまで競馬界を深くリアルに描写した作品もないと思います。



>>ありゃ馬こりゃ馬が読めるコミなびはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ