京王杯スプリングカップ(2016年)の血統傾向

京王杯スプリングカップ(2016年)の過去5年の血統傾向です。


スピード寄りサンデー系が有利


京王杯スプリングカップ


フジキセキ産駒やダイワメジャー産駒といった芝短距離向きのスピードタイプのサンデー系が好走しています。


特にこのコースではスピードタイプサンデー系産駒の1~2番人気馬はきっちり走りますので、軽視は禁物。


一方で芝中距離以上に適性のあるダンスインザダークやスペシャルウィークなどのサンデー系は、複勝率が高いものの勝ち切れない傾向です。


つまり適性のズレたタイプのサンデー系に向いたレースといえますね。



ミスプロ系は不振


ミスプロ系

父ミスタープロスペクター系産駒は(0-0-0-11)と不振です。


単勝3番人気以内に支持された馬はいないのですが、このコースではミスプロ系は勝ち切れないことが多いので、頭から狙うには厳しい系統ですね。



母父はノーザンダンサー系が狙い目


ノーザンダンサー系


母父はノーザンダンサー系(大系統)が(2-2-4-18)複勝率30.8%複勝回収値115円で狙い目です。


このうち父がサンデー系種牡馬の場合は(1-2-4-10)複勝率41.2%複勝回収値133円。


今年の出走登録馬で父サンデー系×母父ノーザンダンサー系の馬は以下の4頭です。


オメガヴェンデッタ(ゼンノロブロイ×ホワイトマズル)
サザナミ(ディープインパクト×パントルセレブル)
サトノアラジン(ディープインパクト×ストームキャット)
サンライズメジャー(ダイワメジャー×デピュティミニスター)








今週の重賞レース情報はこちら!


にほんブログ村テーマ オールカマー(2016)へ
オールカマー(2016)
にほんブログ村テーマ 神戸新聞杯(2016)へ
神戸新聞杯(2016)


有料サービスは無料で使うのがトレンド!


更に詳しくデータ分析するなら、 TARGETがあると便利です!

当サイト管理人の私はこちらを使って 無料でJRA-VANを利用しています。


JRA-VANmuryo
→ JRA-VANを毎月無料で利用する方法






ドロドロとした騎手の勝負をリアルに描写した名作!

今となってはなかなか目にすることのない
知る人ぞ知る作品となっているのが『ありゃ馬こりゃ馬』。

ここまで競馬界を深くリアルに描写した作品もないと思います。



>>ありゃ馬こりゃ馬が読めるコミなびはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ