マイラーズカップ2016年の傾向とデータ予想

マイラーズカップ2016年の過去4年の傾向とデータによる予想です。


中4週以上のローテーションがおすすめ


京都芝1600M(外)で行われるようになった2012年以降、中3週以内の出走馬が(0-2-0-30)。


一方で中4週以上の出走間隔のうち、休み明け2、3戦目を除外すれば(4-2-4-18)勝率14.3%連対率21.4%複勝率35.7%単勝回収値160円複勝回収値96円です。


ローテーション的には以下の出走登録馬が狙い目となります。


・アルバートドック
・クルーガー
・グァンチャーレ
・ケントオー
・ダノンシャーク
・フィエロ
・マーティンボロ




前走好位での競馬を経験した馬に注目


前走芝のレースで3角7番手以内で1着もしくは0.5差以内に走った馬が(3-2-2-14)勝率14.3%連対率23.8%複勝率33.3%単勝回収値170円複勝回収値116円。


前走先行してもボロ負けした馬の期待値は低いので、先行して善戦した馬を狙うのが良いですね。


今年は以下の出走登録馬が該当します。


・エキストラエンド
・グァンチャーレ
・サンライズメジャー
・テイエムイナズマ
・レッドアリオン



なおフィエロは前走海外レース(香港マイル)だったので、参考外。



リファール系の血を持つ馬に注目


マイラーズカップ


ディープインパクト産駒が安定していますが、アグネスタキオンやダイワメジャーといった短距離向きの血統馬も好走しているようにスピード寄りのレースになりやすい傾向ですね。


>>京都芝1600M(外)の血統傾向(2016年版)はこちら


また注目はホワイトマズルやラスカルスズカといったリファールの血を持った馬が好走している点です。


ディープ産駒が好走するのもディープインパクト自身にリファールの血が入っているからでしょうね。



今年の出走登録馬でリファールの血を持っている馬は以下の通り(ディープ以外)。


・クラレント
・テイエムイナズマ
・レッドアリオン




マイラーズカップはリピーター要素の高いレースなので、レッドアリオンがもう1度好走しても不思議ではないですね。


テイエムイナズマの父ブラックタイドはディープインパクトと同じ配合なのでリファールの血を持ちますが、タイプとしてはローカル向きのサンデー系種牡馬なので、方向性が違うと思います。


血統的にはクラレントが最も狙い目だと思うのですが、ローテーション的に休み明け2戦目で前走からの間隔もやや詰まっています。









今週の重賞レース情報はこちら!


にほんブログ村テーマ オールカマー(2016)へ
オールカマー(2016)
にほんブログ村テーマ 神戸新聞杯(2016)へ
神戸新聞杯(2016)


有料サービスは無料で使うのがトレンド!


更に詳しくデータ分析するなら、 TARGETがあると便利です!

当サイト管理人の私はこちらを使って 無料でJRA-VANを利用しています。


JRA-VANmuryo
→ JRA-VANを毎月無料で利用する方法






ドロドロとした騎手の勝負をリアルに描写した名作!

今となってはなかなか目にすることのない
知る人ぞ知る作品となっているのが『ありゃ馬こりゃ馬』。

ここまで競馬界を深くリアルに描写した作品もないと思います。



>>ありゃ馬こりゃ馬が読めるコミなびはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ