福島芝1800Mの血統傾向(2016年版)

福島芝1800Mの血統傾向を見ていきます。


なおデータは2015年~2016年4月10日までを対象としています。


ここでもディープは外せない!


福島芝1800

ラジオNIKKEI賞と福島牝馬ステークスが行われる舞台ですが、このコースもディープインパクト産駒が複勝率39.1%単勝回収値137円複勝回収値114円と期待値の高さが光ります。


ですがこのコースで勝ちきるディープ産駒は牡馬で、牝馬が(0-1-1-7】と勝ち切れない傾向です。



他のサンデー系ならパワー型


ディープを狙う以上に期待できるのがサンデーサイレンス系のパワー型種牡馬です。


福島芝1800

特にフジキセキの系統はこのコースで抜群の成績を誇っていますね。


またパワー型サンデー種牡馬であっても、ダイワメジャーなど母系にノーザンテーストの血を持つ種牡馬はマイナスです。



勝ち切れないけど穴で注目のロベルト系


最初の複勝率ランキング表ではタニノギムレットやシンボリクリスエスが上位に入っていますが、勝率は非常に低いのが特徴です。


ロベルト系

母父にサンデー系が入るのが激走のポイントで、特にダンスインザダーク・マンハッタンカフェ・スペシャルウィークといった芝中距離以上に適性のある血統が良いです。



大系統ノーザンダンサー系は☓


ノーザンダンサー系

大きなカテゴリ(大系統)でのノーザンダンサー系はご覧の通りまず勝ち切れません。


唯一ストームバード系のブルーホールが1勝しています(2015年11月8日)が、重馬場でスタミナが要求されるレースでした。


よほど馬場が悪化した条件でないと厳しいかもしれないですね。





今週の重賞レース情報はこちら!


にほんブログ村テーマ オールカマー(2016)へ
オールカマー(2016)
にほんブログ村テーマ 神戸新聞杯(2016)へ
神戸新聞杯(2016)


有料サービスは無料で使うのがトレンド!


更に詳しくデータ分析するなら、 TARGETがあると便利です!

当サイト管理人の私はこちらを使って 無料でJRA-VANを利用しています。


JRA-VANmuryo
→ JRA-VANを毎月無料で利用する方法






ドロドロとした騎手の勝負をリアルに描写した名作!

今となってはなかなか目にすることのない
知る人ぞ知る作品となっているのが『ありゃ馬こりゃ馬』。

ここまで競馬界を深くリアルに描写した作品もないと思います。



>>ありゃ馬こりゃ馬が読めるコミなびはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ