福島牝馬ステークス2016年の傾向とデータ分析

福島牝馬ステークスの過去5年傾向とデータ分析です。


内枠が絶対的に有利


新潟で行われた2011年も含めて内枠馬が有利です。


1~4枠に入った馬が(5-3-3-28)勝率12.8%連対率20.5%複勝率28.2%単勝回収値98円複勝回収値130円。


ここにコンピ指数で1~4位馬に絞れば(4-3-0-6)勝率30.8%連対率53.8%複勝率53.8%単勝回収値169円複勝回収値123円。




前走と同騎手が好成績


同騎手(4-3-0-15)
乗り替(1-2-5-49)

複勝率でみても15%以上前走と同じ騎手の馬が好成績を残しています。


特に前走中山牝馬Sに出走した馬が(4-3-0-8)勝率26.7%連対率46.7%複勝率46.7%単勝回収値146円複勝回収値98円です。


更にコンピ指数で絞ればコンピ1~4位馬まで。


  • 前走と同騎手
  • 前走中山牝馬S出走
  • (今走)コンピ1~4位


この3つをクリアする馬が過去5年で(4-3-0-2)勝率44.4%連対率77.8%複勝率77.8%単勝回収値244円複勝回収値164円です。


しかも該当馬すべてが掲示板に載っていますので、基本はここから内枠に入った馬を狙ってみたいかなと思います。



前走条件戦組の穴パターンはこれ!


確かに中山牝馬ステークス組が好走しているレースですが、前走条件戦だった馬も人気薄で激走しています。


特に前走条件クラスの芝2000M以上戦に出走していた馬が(0-1-3-5)複勝率44.4%複勝回収値473円。


複勝回収値473円とずば抜けて高いのは、それだけ穴馬が激走している証拠です。


3連複や3連単狙いであれば前走条件戦出走馬も無視はできませんね。


■前走条件クラス芝2000M以上戦出走の登録馬

ウインオリアート
マイネグレヴィル



マイネグレヴィル含め近親も福島中距離戦でかなり好走しているんですよね。


この馬自身デビュー戦でこのコースを勝利していますし、昨年の福島牝馬ステークスも12番人気4着と善戦。


もし出走が叶えば改めて注目が必要な馬だといえますね。



福島牝馬ステークス2016の関連記事


>>福島芝1800M戦の血統傾向



今週の重賞レース情報はこちら!


にほんブログ村テーマ オールカマー(2016)へ
オールカマー(2016)
にほんブログ村テーマ 神戸新聞杯(2016)へ
神戸新聞杯(2016)


有料サービスは無料で使うのがトレンド!


更に詳しくデータ分析するなら、 TARGETがあると便利です!

当サイト管理人の私はこちらを使って 無料でJRA-VANを利用しています。


JRA-VANmuryo
→ JRA-VANを毎月無料で利用する方法






ドロドロとした騎手の勝負をリアルに描写した名作!

今となってはなかなか目にすることのない
知る人ぞ知る作品となっているのが『ありゃ馬こりゃ馬』。

ここまで競馬界を深くリアルに描写した作品もないと思います。



>>ありゃ馬こりゃ馬が読めるコミなびはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ